インスタグラムでドレスのお譲り。ドレスのセカンドオーナーって

あまちゃん
あまちゃん
こんにちは。あまちゃんです。
前回のドレス選びの記事で、私はドレスをお譲りで購入したとお伝えしました。

リゾ婚でウエディングドレスをレンタル・購入する場合を比較してみよう

私はインスタグラムで素敵な先輩花嫁さんに出会い、無事第一希望のドレスをお譲りしてもらうことになりました。お譲りいただく手段は、インスタグラムの他にも先輩花嫁のブログやツイッター、メルカリ等方法はいろいろとあります。

ちなみに決定したドレスはこちらの【VERA WANG】HAYLEYです☆

なぜドレスをお譲りにしてもらったのかの理由や、どのようにしてお譲りでドレスを決定したのか等についてご説明をしていきます。

ドレスのお譲りをなぜ選んだの?私が決断した理由

ウエディングドレスをSNSで購入をする・・・この方法を選んだ花嫁さんが少数派であるのは間違いないと思います。

ですが、色々な方法を調べた結果、ドレスのお譲りが自分にとってベストだと判断しました。

そこで選んだ理由をお伝えしていきます。

ほぼ新品なのに破格の値段で憧れのドレスが着られるから

お譲りドレスと聞くと、中古品を着るなんて・・・と思う人もいるかもしれません。

ですが先輩花嫁さんの着用時間はせいぜい4時間程度。

ほぼ新品同様にも関わらず、2番手だと憧れのドレスが半額で譲り受けることも可能です。

ドレスを購入するより、2番手で譲ってもらう方がお得だから

例えば私が着ることになったのドレス。定価だと90万円ほどします。

ですが、2番手(セカンドオーナーとも呼ばれます。)になることによって、50万円~40万円で譲り受けることができます。

私は45万円で譲ってもらいました!

MEMO

また、3番手(サードオーナーとも呼ばれます)になると、さらに25万円~20万円で譲り受けが可能です。

3番手になると、レンタルドレスショップで借りるより安いかもしれませんね!

ドレスを譲りあう事が幸せバトンのようで素敵だと思ったから

ウエディングドレスは、先輩花嫁の挙式での沢山の思い出や愛着が詰まっています。

そんなパワースポットのようなドレスを着ることで、自分自身も挙式が成功する気がする!と思いました。

実際にドレスをお譲りしてもらった方法

 

ウエディングドレスは、通常価格で購入するより安いとは言えどもやはり高額品。

私も、沢山調べ試行錯誤しながらも素敵なドレスに巡り会いました。

どのような手順を踏み、お譲りドレスを入手するに至ったかをご紹介します。

①取り扱い店にて直接試着&サイズ確認

私の希望するブランドのあるドレスショップにて試着。

ウエディングドレスにおいては特に!自分の理想のデザインと本当に似合うデザインが違うというのはあるある。

必ず試着をしましょう。

またサイズ直しに出すとはいえ、元のサイズがきちんとあっているか確認をすることはとても大事です。

理由としては、次にお譲り予定の場合大幅なサイズ直しは難しいからです。

②自分のサイズにあったドレスがお譲りに出ていないか確認

自分のサイズのドレスがSNSやメルカリ、インスタグラムにてお譲りに出ていないか確認します。

注意

またサイズだけではなく傷やほつれ具合についても必ずチェックをしましょう!

探してみるとわかるのですが、自分の理想に合う金額、ピッタリのサイズ、傷の少ない商品の3つが揃ったドレス探しは意外と難しいものです。

挙式までに時間に余裕をもって根気強く探すのがコツです!

➂ドレスを見つけたら、出品者に直接連絡

理想のドレスが見つかったら出品者に連絡をします。

しばらく情報を更新しておらず、実はすでに譲り手に渡していた、もしくは連絡が取れなくなっていたという事も意外に多くあります。

気になる条件があれば同時並行で連絡をしてもよいかもしれません。

④ドレスを譲り受ける!

いよいよドレスとご対面できる時が来ました!

ドレスを郵送で受け取る時は、お金だけ振り込んでドレスが届かない・・・

そんな悲しいことが起こらないようしっかり対策をしておきましょう。

また、ドレスは想像よりはるかに大きく重いですどのように自宅まで運ぶか対策をしておきましょう。

お譲りをしてもらうときの注意点

先輩花嫁の素敵な思い出が詰まったドレスを譲り合うのはまさに幸せバトン。

ですが、悲しいことにお譲りでのトラブルが少なくないこともまた事実です。

トラブルを避けるにはどうすればよいのかをお教えします。

可能な限り直接会ってドレスを譲ってもらう

あくまでも私が経験したうえでのお話ですが、ドレスのような高額品は直接手渡しで受け取った方が良いです。

確かに、配送でのやり取りはお互い楽かもしれません。

 

ですが、振り込んだ後本当にドレスは届くのか?またドレスの品質があまりよくなかったらどうしよう・・・そんな風に心配な日々を過ごすかもしれません。

少なくとも私はそうでした。

 

挙式で使う、ちょっとした小物であれば配送でのやり取りでもよいかと思いますが、ドレスのような高額商品は手渡しがベストかなと思います。

また先輩花嫁さんの顔を直接見れることで、この方が着たドレスを私も着れるんだな・・・

と改めて嬉しくも思えました。

メルカリで購入をする場合は、出品者の評価を参考にする

メルカリ等フリマアプリは、出品者の取引での評価を見ることができます。

お互い顔を合わせずやり取りをするわけです。少しでも、取引相手のヒントになりそうなことは逐一確認をしましょう!

傷やほつれ等をごまかしていないかしっかりと確認をする

お譲りしますで募集をかけている・フリマアプリで出品をしているドレスの場合。

出品情報に、傷やほつれについての情報も載せていることが大半です。

 

そこで、「傷多少あり」と記載があれば、写真等を取って貰って細かく確認を取りましょう。

先輩花嫁では、諸事情でドレスをはやく譲りたい人も多々います。

そのため、少し情報を盛って記載する人が少なからずいるわけです。

 

後悔をしないよう、疑問点はクリアな状態でドレスを譲り受けましょう。

まとめ

 

ドレスをお譲りしてもらおうと決断した理由・実際にドレスをお譲りしてもらった方法・お譲りをしてもらった時の注意点についてご紹介をしました。

お譲りは、自分自身ですべきこともいくつかあり手間はかかるかもしれません。

ですが、諦めかけていた憧れドレスを着れるチャンスでもあります。

あまちゃん
あまちゃん
ぜひこの記事を読んで、理想のドレスに出会ってください♡

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です