シンガポール・セントーサ島のシロソビーチで魅惑のカウントダウンパーティー

あまちゃん
あまちゃん
こんにちは。甘ちゃんです。

そろそろ海外旅行が恋しいです・・・

そろそろ海外旅行に行けなくなって一年半以上ですね。

海外旅行ラバーとしてはそろそろ日本の島国から飛び出したい・・・

はよ海を渡りたい・・・

そんな人も多いのではないでしょうか?

そんな皆様の海外欲を満たすためにも、シンガポールのセントーサ島で開催されるSiloso Beach Party についてご紹介&体験レポをしようと思います!

年末のSiloso Beachでビキニになって踊り狂いながらカウントダウン!

突然すごい見出しで面食らった人も多いと思います。笑

どんなパーティーかご紹介していきますね!

Siloso Beach Partyとは?

シンガポールのシロソビーチで年末に行われるアジア最大級のカウントダウンイベントの事です。

 

12月31日の6:00PM ~翌日6:00AMの朝まで開催されました。(2017年当時)

エリアもバブルゾーン・ビーチゾーン5つに分かれており、どのエリアでも楽しめます。

バブルゾーンでは泡まみれになるはビーチゾーンではEDM爆音の中老若男女がビキニ姿で踊り狂うわ年が明けた瞬間はやたら迫力のある花火が打ちあがるわとにかくブチアゲ↑パーティーです。笑

こちらの動画を見れば空気感等が伝わると思います♪

Siloso Beach Party のアクセスは?

3つの行き方があります。

【モノレール】
「セントーサ駅」、または「ウォーターフロント駅」からモノレール「セントーサエクスプレス」で「ビーチ駅」まで乗車時間は10分程度。

 

【バス】
オーチャードから路線バスの123番に乗りビーチ駅まで。
所要時間は約1時間。

 

【ケーブルカー】

「マウントフェーバー駅」から「マウントフェーバーライン」に乗り「セントーサ駅」まで。

セントーサ駅から少し歩き、「セントーサライン」の「インビアルックアウト駅」でケーブルカーを乗り換え、「シロソポイント駅」で下車。

乗車時間は、約30分程度です。

 

チケットの購入方法

事前にネットで前売り券が売っています。

ただし、すべて英語で何書いてあるかわからなかったので当日にシロソビーチにて並んで買いました。

そこまで並びませんでしたが、入場するまでにも1時間ほどならんだのでスムーズに入場したい・英語に強い方はネットで購入がおすすめです。

2017/2018シロソビーチパーティーに参加をしてきた!レポ

 

私が参加をしたのは、2017年から2018年にかけてのカウントダウンです。

実家の家族旅行でシンガポールに旅行に行きました。

参加をすることになったきっかけ

ちなみに私たちがイベントを知ったきっかけは、たまたま乗り合わせたタクシー運転手さんの情報から。

シロソビーチの横をタクシーで通った際にシロソビーチを指さしながら

トゥデーイ、カウントダウーン、ビキニパーティー、ベリーエキサイティング!
といわれたことがきっかけでした。(笑)

なんだかよくわからなくても気になったらとりあえず行ってみる、それがあまちゃんファミリーなのです!

いざ、ビキニの楽園シロソビーチパーティーへ!

 

わたしのお母さんはビキニを着れない分、お気に入りのぐわしTシャツを戦闘服として身にまとい

いざ、シロソビーチへ!

 

ビーチに着くと、早速看板がありました。

ちなみに、夜22時ころ到着をしましたがすでにかなりの行列。

文字オープン待ちをして入場するのもいいかもしれません。(ただし盛り上がるのは23時頃からになります!)

到着をすると

すでにかなりの盛り上がりを見せています。

メインエリアにはステージがあり、そこでDJが音楽をかけています。そして音楽に合わせておじいちゃんおばあちゃんからヤングな人たちまでノリノリで踊っています。

この空間にいるだけでも楽しい!

解放感のあるクラブをイメージしていただけるとわかりやすいと思います

 

バブルエリアでは

もはや顔が見えなくなるくらいに()泡まみれになって楽しんでいます。

そして盛り上がりを見せた後、カウントダウンの瞬間は・・・

花火が一斉に打ちあがります!

この瞬間は、全く知らない人とハイタッチをしたりと会場全体が一致団結をしました!

こんなに大勢の人と年越しを祝う瞬間はもう今後ないかもしれません・・・笑

クラブミュージックガンガンの空間は苦手・・・というひとでも、この花火のためだけに行くのはアリかもしれませんね。

【注意】カウントダウン後の帰宅ラッシュには要注意【ここだけの裏話】

カウントダウンパーティーを終えた後。

本当は朝までいたかったのですが父と母の顔に明らかに疲れが出ていたのでホテルに引き返すことに。

また、2017/2018のパーティーではなんとカウントダウン直前からスコールが続き・・・

カウントダウン直後もザーザー降りでした。

 

そんな悪天候も相まって、帰り道のタクシー乗り場は大行列!

なんと大雨の中2時間以上は待ちました。

現地の方々はuber taxiを呼んでいたので、ある程度日常会話ができる方はあらかじめuber taxiのアプリを落としておくといいと思います。

全くしゃべれない私たちは地獄のような待ち時間を過ごしました。

カウントダウンパーティーでのはしゃぎ具合は嘘のように・・・

帰り道の事も考えてパーティーは楽しみましょうね!

 

まとめ

今回は、シロソビーチでのカウントダウンパーティーについてご紹介しました。

年末年始にシンガーポールに行く予定の方。また行きたいと思っている方も。

海と花火を眼前にしつつ、深夜にビキニで踊り狂う最高のカウントダウンパーティに参加してみてはいかがですか?♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です